私、会社のホームページ管理的な仕事をちょこ〜っとしてたりします。

決して詳しいわけではなく、基本的には外注です(・ω・`)

ただホームページの更新やアクセス解析は、ツールを使って私がしてます。

解析ツールの恐怖


今回の出来事はアクセス解析ソフトにより発覚しました。

アクセス解析ソフトでは、いつ、だれが、どこから、
何を使って、どれ位の時間、どういう検索ワードを使って、
うちの会社のホームページに来たのか?がわかります。

具体的な個人の特定ができるわけではないのですが、
ホームページの傾向と対策を考えられる材料になっております。

でね?

今月のデータに変な物を見つけちゃいました(´・ω・`)

検索キーワードリストに…

「◯◯ABC会社」
というものが。

ABC会社の部分には実際はうちの会社名が入ります。
◯◯の部分には個人名が入ります。

何が変かと言うと、
◯◯さんはうちの事務の美人なお姉さんなのです。
「美人事務員の名前 会社名」で検索されてるんです。

お客さんは事務員さんと接する事はほぼありません。
基本的には営業がお客さんの応対にあたります。
でも検索されていたのは彼女1人。
お客さんである可能性は低いのです。

検索件数は三回。

…調べたの誰!?(((((;´д⊂)))
何で名前を知ってるの?(*_*)

・・・怖!!!!((((゚Д゚))!

事務員さんは美人です。
「誰かに恨みかったのかな(´・ω・`)」
とか言ってたけど違うと思う…。

美しい女性の皆様。
ご注意下さい(*_*)

知らない間に検索されているかもしれません(゚Д゚)!

検索している皆様。
ご注意下さい(・∀・)

気になるあの子を検索したこと、
知らない間に調べたことが発覚してますよ(*´д`*)